スタイリスト酒井の話

シャムズ的マニッシュコーデ7選

シャムズ的マニッシュコーデ2

こんにちは。シャムズ のスタイリスト酒井(37歳)です。

シャムズはエスニック系ボヘミアン系ナチュラル系のアイテムを一覧できるのをご存知でしたか?これは私がセレクトをしていく中でこの柄や雰囲気はココだろうと”私感”でカテゴリー分けしているものです。業界やスタイリングの定義と一致していないものも多くあります。(すみません。)でも、私のカテゴリー分けやスタイリングが何となく自分のツボに入るという方は…シャムズへようこそ!


そんなシャムズへようこそな皆さんに向けて、シャムズ的マニッシュコーデを解説します。マニッシュはメンズライクな着こなしが特徴。どことなく男性的な印象を感じさせます。過去に紹介した写真からシャムズ的マニッシュ(メンズライクだけれどわずかにレディ)なコーデはこんな風に合わせていました。

シャムズ的マニッシュコーデ1

それでは写真のコーデ解説をしていきましょう。(こちらは過去に取り扱った商品の写真です。一部を除き現在完売していますので何卒ご容赦ください。着合わせの参考にしていただければ幸いです。)

<上段左>
辛口のオルテガショールを主役にしたコーデ。マニッシュな中にほんのりと柔らかさを添えたくて黒のプリーツスカートを合わせました。トップスに黒を持ってくるとボリュームが出過ぎるので白シャツでまとめ、アクセントにタッセルネックレスを添えました。

<上段中央>
同色コーデが大好きな私。(皆さんもですか?)ただ、真っ黒だと重すぎるので羽織をグレーで軽めに。袖と裾はロールアップして肌を少し見せることで”ぬけ”を意識しました。特に黒系のコーディネートは肌が全部隠れていると重くなってしまいます。どこか少し開ける、ぬくを忘れずに。黒いコーデとマッチする落ち着いたダマスク柄のチュニックをセレクトしました。

<上段右>
メンズライクな着こなしに欠かせないのが紺やネイビー。きりっとハンサムな印象な中にさわやかさを添えられます。このコーディネートの主役は柄パンツ。暖色柄をすっきりと見せるためにVネックのネイビーカットソーを合わせました。

<下段左>
エスニック柄の羽織をどう合わせたらいいか難しい…。そんな時は迷わず「柄羽織以外は無地」をお勧めします。エスニックな羽織はそれだけで主役の印象を持っているため、他の合わせを柄使いにするとちぐはぐになりがちです。もちろん上手に着こなしているエスニック好きさんもいっぱいいますが、エスニックコーデ初心者さんはまず「柄羽織以外は無地」。これを意識するだけでまとまりがぐっとアップします。

<下段中央>
個性アイテムを掛け合わせるなら、素材感やフォルムが面白いものがオススメ。ざっくりとウエストのリボンを結びトップスの裾をINしたネイビー×ブラックのマニッシュコーデです。柄アイテムではないので悪目立ちせず、すっきりとした見栄えになりました。お約束の袖ロールアップもプラス。

<下段左>
個性的な柄デニムが主役のコーデは上半身にベストを合わせてアウトドアな雰囲気に。下半身が柄デニム+フリンジブーツでボリュームたっぷりなので、上半身のインナーは薄めにして軽さをもたせました。

シャムズ的マニッシュコーデ3

<番外編>
シャムズ的マニッシュ×ネオジャポネスク
どこどなく気だるさと、歌舞いた雰囲気を感じるシャムズ的マニッシュ。柄ON柄に無地ON無地、全部合わせて足元にはゴールドシューズをプラス。時にはこんなマニッシュコーデもいかがでしょうか。


こちらの記事もおすすめです


ethnicitem.jpg

bohemianitem
basicitem_img

シャムズコーディネート集

新着や更新情報等のお知らせ

インスタグラム

フェイスブック


ファッションランキング参加中
応援クリック励みになります

WEBショップ探検隊エスニック系ランキングバナー

ショップベルエスニック系ファッションランキングバナー


営業日(発送日)カレンダー
  • 今日
  • 休業日

shams
〒251-0025
神奈川県藤沢市鵠沼石上3-3-3
高砂レジデンス403
MAIL info@shams.jp

ページトップへ